毎日の読書 – Trường Quốc Tế Nhật Bản

毎日の読書

日本国際学校では毎朝20分間を読書の時間としています。

一日の始まり、心を落ち着かせて本と向き合います。

日本語、英語、ベトナム語どんな本でもかまいません。

生徒は興味のある本を自由に選びます。

クラス内に設置された学級文庫。

まだまだ本が少ないので寄付して頂けるとありがたいです。

週に2回は先生が本の読み聞かせも行います。

今日は日本語の絵本。「さるかにがっせん」

いじわるな猿をカニやその仲間が懲らしめる、日本ではとても有名なお話です。

 

物語の中に出てくる言葉をを分かりやすく伝える先生。

表情やアクションも交えながら、生徒たちに理解しやすい伝え方を工夫します。

読み終えた後は、今日物語の中で使った言葉の復習もします。

「これは何ですか?」イラストを指差しながら尋ねる先生の問いかけに大きな声で答える生徒たち。

「猿です!」「カニです!」

生徒たちはあっという間に言葉を覚えていきます。

これからもたくさん本を読みましょうね。